MENU

産後のうつが加算当事者 産後は気掛かりだらけ

産後にうつ症状に悩まされて仕舞う奥様は多くいます。こういう症状の原因のひとつに、産後の急激な奥さんホルモンの分泌かさの遷移にともなう体内のホルモン均整の乱雑があるとされています。懐妊中に優位に働いていた奥さんホルモンがお産を通じて低下してまいます。こういうホルモン均整の値動きにて、うつ症状になってしまうのだそうです。

 

以下のような症状にあてがあるのなら、あなたは産後うつですケー。

 

  • 自分のこどもが急に明るいといった思えなくなった
  • イライラして落ち着かないことが増えた
  • 夜中に寝付けないことが増えた
  • パートナーについて情愛を感じられなくなった
  • 母親として乳児を育て上げる自信がなくなった
  • 円形脱毛症などの抜毛がすごくなった
  • 家事の運命について不安を感じることが多くなった
  • 「死」にあたって考えることが多くなった
  • 便秘や下痢など腸のテンポが不安定になった
  • お客様とのやりとりが億劫に見えるようになった

 

お産を終えてからこのような気持ちの遷移があった場合には産後うつの可能性を疑ってみたほうが良いでしょう。産後うつは「病」 それで充分治療することが出来ます。自らきつい情緒を抱えているのではなく、思い切って心科医や心療内科医を訪れてみましょう。

 

産後うつの口コミ結論

20代奥さん

 

長男を産んでから多少は養育気の病でした。厳しい時折四六時中発狂していたように思います。乳児が泣いたら私も泣き叫び、捕獲がつかないタイミングでした。最終的にはリストカットをするにまで至っていました。後、医院に赴き、クリスを作り方され、落ち着いたように思います。2日間ほど薬の結末か眠り続けました。厄介しすぎないで病院を訪れ、薬を処方してもらったほうが楽になると思います。

 

30代奥さん

 

乳児という水入らずでいるとうつうつとした気持ちになってしまいました。そんな時には、必ず外出して誰かと会話することを努めました。行政の養育ケアミドルを頼ったり、赤子ヨガや泳ぎクラブをめぐってみたり。やっぱり憂さ晴らしになるようなことをし、ようやく乗り切りました。

 

30代奥さん

 

産後、3お天道様まぶたぐらいからうつ症状がひどくなりました。後、1ヶ月ぐらいは布団からほとんど出られないという状態でした。世帯もほとんど手立てにつかず、必死こいて乳児の授乳っておむつ交代をやるのみ。心科医を訪れ、投薬をしてもらったため症状は大層楽になりました。投薬は発端怖かったのですが、思い切ってやってみるとウソのように楽になります。どうしても無理だって思ったら、苦しまずに心科医を訪れてみるのも良好です。

 

産後抜毛に効果的な育毛剤ランク

産後抜毛のホームへ